ブログ

Blog
インボイス制度に関して イメージ

インボイス制度に関して

2019.10.10

税務・会計

クライサー税理士法人の谷です。
10月はコンスタントにブログをアップできるように頑張ります。

さて、前回の記事でも少し触れましたが、今回はインボイス制度について
簡単に解説したいと思います。インボイス制度、正式名称は「適格請求書等保存方式」といいますが、
名前からはどんな制度なのかよくわからない方が多いかと思います。
制度の解説の前に、消費税の課税のシステムを簡単に紹介いたしますと、事業者が消費者から預かった
消費税を、その事業者自身が消費者として支払った消費税を控除して、差額を事業者が納税するシステムです。
ただし、一定の要件を満たす場合には事業者は納税の義務がなく(免税事業者といいます)、差額を自分のも
のにすることができます。なおこのことを「益税」と呼んでいました。

インボイス制度により、この控除できた「支払った消費税」が大きく変わります。今後は支払った消費税
すべてが控除できるわけでなく、課税事業者が発行するインボイスに記載された消費税しか控除できなくなります。
免税事業者からの仕入れについては消費税の控除ができなくなりますから、彼らは今までの益税を享受できなくな
っていくものと思われます。

免税事業者との取引を控える企業が増える可能性が指摘されていますが、実際には課税事業者になることを
免税事業者が選択していくのではないかと思われます。取引そのものを打ち切られると免税事業者にとっても
大打撃ですから。

軽減税率や10%増税が大きな話題となっておりますが、2023年10月から段階的に始まるインボイス制度も、個
人事業主の方に取っては大変大きな改正となりますから、弊社にご相談いただければと思っております。

それでは今回はこのへんで(^^♪

 

~~お気軽にご相談下さい~~

クライサー税理士法人

東京都渋谷区猿楽町5-17第一西尾ビル3階

TEL 03-6452-5687

~~~~~~~~~~~~~~