ブログ

Blog
持続化給付金について ~続編その1~ イメージ

持続化給付金について ~続編その1~

2020.07.03

スタッフブログ

税務・会計

こんにちは、クライサー税理士法人の片山です。

皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、

今回は、前回ご説明致しました、持続化給付金の続編ということで、

新規開業特例について、お話をしたいと思います。

 

ポイントは3つあり、対象者、適用条件と証拠書類です!

それでは、詳しく見ていきましょう~。

 

①対象者

2019年1月から12月迄の間に開業した者

②適用条件

2020年の対象月の収入が、2019年の月平均の収入より50%以上減少していること

③証拠書類(以下のいずれか)

●『個人事業の開業・廃業等届出書』(提出先:税務署)

※開業日2019年12月31日以前かつ提出日2020年4月1日以前

※e-taxにて提出の場合は、受信通知も必要

●『事業開始等申告書』(申告先:地方自治体)

※開始年月日2019年12月31日以前かつ申告日2020年4月1日以前

 

上記の3つのポイント満たせば、基本的には給付金を申請することが出来ます。

詳しくは、下記のurlを参照下さいませ。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/subject/#exception_free

 

但し、給付金の受給は、2019年度分の確定申告をしていることが大前提となります。

コロナ特例により、申告期限が延長しているため、罰則も無いです。

そのため、まだ申告をしていない場合は、早くしましょう!

弊社にて申告代行も、いつでもウェルカムです!!!

 

ではでは!!!

 

 

~~お気軽にご相談下さい~~

クライサー税理士法人

東京都渋谷区猿楽町5-17第一西尾ビル3階

TEL 03-6452-5687